Amazonから「お支払い方法の変更が必要です」と言われた理由は意外なものでした

先日、Amazon でお気に入りのココナッツオイルを注文したら、数分後、以下のようなメールが届きました。

この注文の支払いについて承認が得られなかったことをお知らせいたします。
入力した名前有効期限、または郵便番号が銀行の情報と一致しないと、カード発行元が支払いを承認しない場合があります。

6日以内に有効なお支払い情報に更新いただけない場合、誠に勝手ながら、ご注文をキャンセルさせていただきます。

何十年もAmazonを利用していますが、このようなメール&支払いの利用承認が認められなかったのは今回が初めてです。

 

特に何かを変えたわけでもありませんし、数日前もAmazonで買い物をしたばかりです。

 

この時に私の頭によぎったのが2つの可能性。

 

1.Amazonからのメールが詐欺メールで私のクレジットカードの情報を盗もうとしている

2.私のクレジットカードが限度額を上回った

 

詐欺メールはともかく、2のショッピング限度額を上回るほどの買い物はこれまでしたことがなく、今月も買い物に費やした金額は2万円ほどでした。

 

亜希さん
あれこれ考えても時間の無駄なので、カード会社に電話をすることにしました

 

フリーダイヤルではないし、平日にもかかわらず電話がなかなか繋がらなかったのですが、やっと電話に出てくれたオペレーターに相談し、折り返しの連絡を待ちました。

 

すると担当の方から思いがけない質問をされたのです。

 

お客様、同じ日にPaypalの支払いをされましたか?

 

確かに!

でもたった1,000円!(笑)

担当の方の説明によると、Amazonが顧客のクレジットカードがAmazonで使用される前に(同日?)Paypalで使用された履歴があると、機械(おそらくAI)がこれは不正かもと考えて、支払いを自動的に止めてしまうとか。

 

決してAmazonさんが悪いわけではないのですが⋯

 

なるほど、こうして不正を防いでいるんだとある意味感心しました。ただちょっとやりすぎ(笑)。

 

亜希さん
では、どうすればいいのですか?

 

こちらのほうでエラーを修正しておきます

 

ということで無事解決しました。

ついでにショッピング限度額も元の金額より数十万円下げておきました。限度額の引き上げは審査が入るようですが、引き下げは電話一本でできるので楽でしたね。

ともあれ、詐欺メールではなかったことが判明してよかったです。

これからPaypalを使用した日にクレジットカードの使用は控えようと思います。

Table of Contents

今回学んだこと

  • Paypalを利用した日にクレジットカードはできれば使わないほうがいい
  • クレジットカードの電話相談はなかなかつながらない(笑)
  • クレジットカードの限度額は電話での依頼で下げられる
  • ただし限度額を上げるには(少々)審査が必要
  • 限度額を下げたとしてもその旨メールでの通知などはない

以上です。

みなさんも気をつけてくださいね。

何かあったら慌てずクレジットカード会社に電話しましょう。

本日もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。


クリックでの応援、お願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ



よかったらシェアしてね!
Table of Contents
閉じる