「普通」と「平均」は違うんですよ~

もしもあなたが友達や同僚など周りの誰かから

「ちょっと普通じゃないんじゃない?」

と言われたたとしたら、

 

 

少し、ショックですよね。

 

 

しばらく落ち込んでしまうかも…。

 

 

でも、ちょっと考えてみてほしいんです。

 

 

言葉を発した方の「普通」という意味が、本当は「平均」を指しているのではと。

 

 

たとえばあなたが職場でバレンタインの義理チョコを買うことに抵抗を感じているとします。

 

 

あなたの志向はおそらく、

 

「普通ではない」のではなく、「平均ではない」のです。

 

なので、義理チョコを買う風習が続いている職場で、それを何とも思わない人からすると、抵抗を示す人に対して「平均じゃないな」と思ったとしても、発する言葉が「普通じゃない」になったのかもしれません。

 

でももしあなたが職場に遅刻することもなければ、
交通ルールもしっかり守り、
何かをされたら必ずお礼をするなど
人様に迷惑をかけず日常を過ごしているのであれば

 

 

立派な社会人♪

 

何も恥じることはありません。

 

普通ではない、と言われると常識を逸しているようなイメージでとらえてしまいそうですよね。でも、そうではなく、ただただ平均ではないだけなのです。

 

思えば、私も目立ちたがり屋ではないですし、「個性派になりたい」と思って人生を過ごしてきたわけではありません。

 
ただNYに行っても自由の女神を見に行くオプショナルツアーには参加しなかったり(元々観光名所にあまり興味がない 笑)、それこそ義理チョコや恵方巻きも買ったりしないので、気がつけば少数派になっていました(笑)。だからこんなことを言われたりするんです→映画をほめたら「矛盾している」と言われた話(笑)

 
 
沖縄県民としてはどうかと考えてみても、さんぴん茶よりも緑茶が好きだし、ツナ缶苦手だし、エゴーマヨネーズよりもキユーピーが好みだったり、エステでもフェイシャルよりボディが好きだし(以前エステシシャンの方が「沖縄の人、ボディケア嫌がるんですよ~」と言っていました)、やはり平均的なうちなーんちゅではありません(笑)。
 
 

それでも沖縄県民としてのアイデンティティはあると思っていますし、個性のあるなしは別にして、普通な人間だと思っています。^^

 

最後にいろいろな言葉に敏感に反応してしまう時に読んでもらいたい本を紹介しますね。さくっと読めました。

『多分そいつ、今ごろパフェとか食っているよ』

タイトルとURLをコピーしました