「英語を活かしたい」という志望動機で受かる人、落ちる人

昔取った杵柄というもので、最近、英語のお仕事・ボランティアの依頼を受けることがあります。

 

私も現役からは遠ざかっているので、今のレベルであればと先方にお話しして了解を得てもらっていますが、今でもオファーがあるというのはありがたいです。

 

*ちなみに私が英語関係の仕事で働いていた経験はこちらから読めます→基地内大学に通い、外資系NPOに転職

 

その記事を読まれて私の仕事(キャリア相談のほう)にご興味を持っていただき、相談に訪れる方、そして大学生でも次のような希望をお持ちの方が多いです。

 

英語を活かした仕事をしたいです~

今日はそのような方にちょっと注意したほうがいいなと思うことをお伝えしますね。

 

志望動機に「英語を活かしたい」と書くことはNG?

無料ブランドガイダンスを沖縄で実施しています。

 

基本的に私は志望動機に「英語を活かしたい」と書くことは気をつけるたほうがいいというスタンスです。なぜならその志望動機で採用が決まるケースと逆に不採用になるケースがあるからです。では、その2つのパターンを見てみましょう。

 

 

「英語を活かした仕事をしたい」と言って採用されるケース

 

まず、面接が通るケースをご紹介します。

 

本人の英語のレベルが少なくとも英語検定準一級以上、TOEICが750以上です。

 

 

つまり即戦力として英語を使える場合です(本当はTOEICは800点以上が望ましいです)。

 

 

この方の場合の「英語を活かしたい」には「既にある私の英語力で御社に貢献したい」という気持ちなんだろうと察することができます。

 

なので、それを確かめるために次の面接に進めます。

 

 

「英語を活かした仕事をしたい」と言って不採用になるケース

 

逆に落ちる人の場合は(もうお察しいただけたかと思いますが)、英語レベルが英検2級、TOEICが600点台で仕事を通して英語をもっと使える、勉強できると思っている人です。

 

 

そのような方が「英語を活かしたい」と書くと、採用担当者はまず、「ふ~ん、うちの会社でレベルアップしようと思っているんだな」と考えることでしょう。

 

 

その後、「うちは語学学校じゃないんだけど」と思うはずです。

 

 

つまり、相手目線なのか自分目線なのかが志望動機のキモになります。

 

 

 

もちろん、相手企業が求めているレベルが英検2級程度というのもあるでしょう。

 

 

実際に働いてみて英語のレベルが上がることもあるでしょう。

 

 

ただ、それを就職、転職の目的にすると熱意の感じられない志望動機になってしまいますし、将来のミスマッチの原因ともなります。

 

 

学びたいのか働きたいのかよく考えてみてくださいね。

 

 

 

本日もステキな一日をお過ごしください。