貯金が7000万円あっても不安な人

先日、All Aboutの「マネークリニック」の記事タイトルがネットニュースで入ってきて、中身を読み、正直驚きました。

相談者のプロフィールは以下のとおりです。

  • 56歳専業主婦
  • ご主人、62歳地方公務員
  • 生活費、月7万円←ここから3万円の医療費、1万5000円の新聞・美容代などを引く
  • 食費2万円
  • 将来、年金生活になると月12万円の赤字になると考えている
  • 貯蓄7732万円


56歳で7000万円以上の貯蓄があるので、相当頑張られたと思うのですが、相談者の方はかなりお金を失う事に関して恐怖心を抱いているようです(読んでいてこちらまでつらくなりました)。

 

電気代節約のため、真っ暗な部屋で食事をしたり、階段の電灯を点けず、階段から落ちたり、壁にぶつかってあざだらけになったりしています。エアコンは使わず、扇風機のコンセントを抜いたり、テレビは主電源を切ったり、蛍光灯もなるべく点けないなど、細かいところまで節電していますが、光熱費は減りません。

入浴をシャワーだけにしても、水道代は減りません。安い食材を求めて1日3軒のスーパーを徒歩で回ったり、報われない節約をいつも考えたりしていて、睡眠時間は4時間、1年間で体重が2kg減り、35kgになりました。もう限界です

 

電気代節約の結果、階段から落ちたり、安い食材を購入するために1日3軒のスーパーに行っている。ご本人が「お小遣いもなく、生きていても楽しくありません」と語っているように、どこか強迫観念にかられているようにも見えるので、今回、All Aboutで気持ちを吐露できたことはよかったと心から思いました。

将来の不安を抱いたまま、金融機関や保険紹介の窓口などに行くと必要のない商品を申し込んでしまいがちですから。

紙面での相談にのったFPの方の「お金を使う必要な時が、まさに「今」と「これから」なのです」という優しいアドバイスは相談者の目の前の扉を開いてくれるものだと思いました。

 

[お金の悩みを解決!マネープラン...
56歳専業主婦、貯金7700万円。年金生活で貯金が底をつくのが不安で仕方ありません 皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、お小遣いもなく、毎日光熱費や食費などきつい節約をしているのに、年...
目次

私ができるアドバイス

通信費を格安SIMにして抑え、生活費7万円の中から新聞代、美容代を節約することを勧めるかと思います。もちろん、それらが本人の大事な気分転換の一つなら無理強いはしません。

私自身は20年以上新聞を購読していましたが、先日思い切ってやめました。最初はいつもの時間に新聞が来ないことでざわざわしましたが、すぐに慣れました(笑)。

あと安い食材を求めてスーパーを三軒はしごするくらいなら、ネットスーパーで高めのものを買ったことで得られる<時間>を大切にしてもらいたいですね。

あわせて読みたい
色々なネットのサービスを利用して、身軽になりませんか 「新しい何か」を手に入れることで身軽になることって多いですよね。 今日はそのように私を身軽にしてくれたサービスを紹介します。   【もう日本のドラマには戻れ...

自分の年金についてよくわかっていないのであれば、年金事務所に相談予約の電話をする、ボーナスをそのまま生活費にするのではなく、一部をインデックス投資にする、これくらいはアドバイスできそうです。ただこのような方は銀行以外の金融商品を怖がる傾向もあるかもしれません。

 

7000万円も貯めた自分をまずほめましょう!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる