なぜキャリアコンサルティングに「フラワーエッセンス」を使っているの?

私はキャリアコンサルタントとして、働く女性(30代が中心)をサポートしています。そのメニューのオプションに自然療法の「フラワーエッセンス」というものがあるので、「なに、それ?」、「どうしてキャリアコンサルティングに?」と思われる方もいらっしゃるのかもしれません。
 

私がフラワーエッセンスを使い始めたきっかけと共に、今日はその理由をお伝えしますね。ざっくり言うと、下記の3点です。
 

  • 仕事のストレスでつぶされていた私がフラワーエッセンスで救われた
  • キャリアコンサルが終わった後でもエッセンスがお客様をサポートしてくれる
  • お客様も効果を感じてくださる

 

その前にフラワーエッセンスのことを説明しますね。

 

フラワーエッセンスをキャリアコンサルティングに使う理由

フラワーエッセンスを選ぶ際には写真のようなフラワーカードを使います。好きな花、苦手な花、どちらも必要な場合も♪

フラワーエッセンスとは?ざっくり説明します

FESのインテンシブセミナーにて撮影。FESはアメリカのフラワーエッセンスのメーカーですが、フラワーエッセンスの生みの親、バッチ博士にいつも敬意を払っています。


 

フラワーエッセンス(フラワーレメディとも言います)は1935年にイギリスのお医者様(上の写真がエッセンスの生みの親、エドワード・バッチ博士です)が開発した自然療法です。
 

イギリスではドラッグストアに普通に売られているそうです。ただし、医薬品ではありませんし、アロマともホメオパシーとも違います。
 

フラワーエッセンスの中身は花びらを浸した水と保存料のブランデーだけ。その花の種類によってフラワーエッセンスの効果も違います。たとえば「レッドチェストナット」は心配性を和らげたいとき、「マディア」は集中力を高めたいとき、「ディル」は周りからの刺激に敏感になりすぎているときになど。
 

理由その1:仕事のストレスにつぶされていた私がフラワーエッセンスに救われた

私がフラワーエッセンスに出逢ったのが2000年1月です。それまで仕事でストレスを抱えていて、心療内科にも通ったりしましたが、「薬を処方しますね。新薬でいいのがあるんですよ~」と言われ、抵抗しました(笑)。話を聞いてほしかったんですけどね。
 

それからいろいろなセラピーを受けたりもしましたが、なんかしっくりこない日々が続きました。それでも仕事を辞めるかどうかモヤモヤしていたときにネットで「フラワーエッセンス」という言葉を目にします。

 

口に入れる物なので抵抗ありあり(笑)

フラワーエッセンスが花の波動から作られるというのを知って、お花&植物が大好きな私は「なんかいい感じ~」と直感では思ったのです。でも、よくよく使い方を調べてみると「口に入れる」とのこと。「わ~、怖い~」と抵抗があったのですが、最初の直感を信じてみることにして、ネットでフラワーエッセンスのセラピーを予約しました。
 
それから自分の心境の変化がありました。
 
この変化を私は「効果」という意味で使っています。当時のことはHPに詳しく書いていますので、ご興味がある方はそちらをお読みください→「人生を変えたフラワーエッセンスとキャリアコンサルティングとの出会い」
 

理由その2:コンサルティング後もフラワーエッセンスがお客様をサポートしてくれる

お茶会でもコンサルティングでも基本、お客様のフラワーエッセンスはお客様に作成してもらいます


 
フラワーエッセンス(レメディ)は基本FESやバッチフラワー(←メーカーの名前です)の場合は1回4滴、1日4回、オーストラリアブッシュフラワーですと、1回7滴、1日2回を舌に落として使います。

 
普通に使用すると3週間から4週間で1本飲み切ります。
 
私はお客様の悩みに応じてフラワーエッセンスを30mlのボトルにブレンドします。たとえば人に意見に流されやすいという場合にはFESの「ピンクヤロー」とか、目標達成するサポートがほしい場合はブッシュフラワーの「ピーチフラワード・ティートリー」だったり。*ブレンドとは症状別に何種類もあるフラワーエッセンスを4~6種類組み合わせて、お客様用にカスタマイズすることです。
 
お客様は私のコンサルを終えた後、そのボトルを家に持ち帰り、約1ヶ月フラワーエッセンスを飲むわけです。
 
つまり、私の出番が終わった後もフラワーエッセンスがお客様を見守ってくれるのです。コンサルティングが終わった後、「すっきりしました」とおっしゃってくださるお客様もいらっしゃいますが、なかにはもう少し経過を見たほうがいいと私が思う方も。そのような方をエッセンスがサポートしてくれるのを私はとても心強く感じるのです。
 

理由その3:穏やかではあるけれどお客様にも効果を感じていただける

先ほど「効果は心境の変化」と書きましたがそれでも疑問に思われる方も多いかもしれません。フラワーエッセンスは身体の状態ではなく、人の感情に働きかけるものなので、お客様ごとに実感が異なります。
 

これまでコンサルティングやお茶会などでフラワーエッセンスを体験された方々が私の元にご感想を寄せてくださっています。
 

過去のブログに書いていますので、そちらを参考にされてくださいね。基本1回(=1ヶ月)の使用では効果を感じづらいので、「何も感じなかった」というご感想も正直に記載しています

 

フラワーエッセンス***嬉しいご感想*** - 心に届くFESフラワーエッセンス
フラワーエッセンスは湧水に花びらを浮かせて作られます。保存料のブランデー以外には添加物は一切入っておりません。ですからその効果も穏やかで、中には「何にも感じなかった」と思われる方もいらっしゃいます。 それでも80年もの間、世界中で愛され、イギリスでは普通にドラッグストアで売られ、各国でオリジナルのフラワーエッセンスが作...

さいごに

フラワーエッセンスのことを説明した書籍はたいてい本屋さんで「精神世界」か「スピリチュアル」のカテゴリに置かれています。個人的には抵抗がありますが、自分が書店員だったらそうするだろうなとも思います(笑)。ある意味わかりやすい。
 
私がこのフラワーエッセンスを扱っていると話すと、「あ~、そっちの世界ね~」とか言われることも多々あるのですが、その気持ちもわかりますので、「そうだよ~」と返したりします。^^
 
感覚派の私はフラワーエッセンスの物理的証拠を示すことがとても苦手。でも論理的な説明(=フラワーエッセンスがなぜストレス緩和につながるかをできること)を避けるとますます怪しく思えるはずなので、普段はあまり使わない左脳君にはっぱをかけて、トライしてみようかなとは思っています(笑)。
 
フラワーエッセンスは前述したとおり、キャリアコンサルティングのオプションとしてしか提供していませんが、お茶会などはまたスタートしたいなと考えています。私の街でしてほしい~と思われる方はお気楽にお問い合わせくださいね。