【フラワーエッセンス体験会】桜坂市民大学で開催中です(月曜午後)

【自己紹介-3】仕事のストレスが導いたフラワーエッセンスとの出会い

こんにちは。
アカリノワークスのキャリアコンサルタント、新垣です。

・プロフィールはこちら
・この仕事に至った経緯→自己紹介(1)から
===============

こんにちは。キャリアコンサルタントの新垣亜希です。

【自己紹介-1】伝統工芸に触れた20代&基地内大学に通った30代
【自己紹介-2】外資系NPOで働いた後、10年来の夢、東京で働くも…

の続きです。お付き合いいただき、ありがとうございます。今日は東京生活でストレスに見舞われた話と(そのおかげで)フラワーエッセンスとの出会いについてお伝えしますね。

「ヒステリー球」など身体からのメッセージが何度も発せられる

 

ぎっくり腰や「ヒステリー球」(=喉のつまり)、じんましんなどに悩まされる

ある朝、突然動けなくなった原因は「ぎっくり腰」でした。今でも寒くなると腰の調子が悪くなる私ではありますが、あの痛みは人生初めての体験。しかも前日何か重いものを持ったわけでもなく。

 

それなのに、私の腰は私の命令を聞いてはくれませんでした。

 

腰だけではありません。

 

「ヒステリー球」という嫌な名前の症状で喉のつまりに悩まされ、身体中にじんましんまで出るようになりました。

 

私の心と身体が、「わからずやの持ち主」に対し、色々とメッセージを訴え始めたのです。(ちなみにヒステリー球は漢方薬でも対応できるそうです。最近、知りました)

ストレス発散が苦手な人はなりやすい? 喉の違和感・異物感は「咽喉頭異常感症」かも
喉の違和感や喉のつかえ感がある『咽喉頭異常感症』について説明します。また、『咽喉頭異常感症』の原因、なりやすい人、解決策として漢方薬をご紹介します。

 

仕事は相変わらず単調の日々。昇格のチャンスもあったのですが、自ら断い、上司からの評判も落ちるという悪循環。

 

帰宅途中、車の中で森高千里さんの『普通の幸せ』を聴きながら歌詞にもあるように山並みを眺めているだけで、涙が出てくることもよくありました。そんな状態だから通勤途中に車をぶつけることも二度ほど(><)。

 

もともと仕事運には恵まれ、心身共に元気だと自負していた私でしたので、このような不調が続くことで完全に自信を失いました。

 

「これはさすがにどうにかしないと」と思っていたある日、ネットサーフィンをしていて私の目に飛び込んできた言葉が「フラワーエッセンス」でした。

 

忘れもしません、2000年の1月のことです。

フラワーエッセンスとの出会い

「それって飲むものなんですか?」

 

と思わず、初めて会った湘南在住のセラピストのMさんに尋ねてしまった私。ちゃんと説明読まずにセッションの予約を入れていたのです。それくらい焦っていました。

 

Mさんは私の話をしっかりと聴いてくださり、そしてフラワーエッセンスの使用方法を教えてくれました。前述したとおり、エッセンスに関して何も調べていなかったので、「1日4回、舌に落として飲む」と知ってとても驚きました。

 

いくら直感が働いたとはいえ、これまで見たことのないものを身体に入れるのは、怖いですよね。

 

ただせっかく電車を3本乗り換えして来たし(笑)、目の前で私を優しく見守っているMさんを信じたいという思いで、この得体のしれない「花の波動水」を飲んでみることにしました。

そしてこのフラワーエッセンスは十分に私を助けてくれたのです。

私が初めて飲んだフラワーエッセンスのブレンドにはトラウマに働きかける「スター・オブ・ベツレヘム」が入っていました

 

【自己紹介-4】最終回→キャリアコンサルタントとしての活動&今後の目標に続きます

タイトルとURLをコピーしました