【英検一級二次対策】英字新聞、Japan Times Alpha(アルファ)の魅力

英検の長文は難しいな
Time や Newsweekは敷居が高い⋯
語彙力も増やさないと⋯

私も実はそう感じていました。

以前、翻訳学校でNewsweekを読むことを叩き込まれたせいか、「英検一級=国際ニュースを読めるレベル」とちょっとした勘違いをしていたんですね。

もちろん英検一級ホルダーの中にはTime や Newsweekをすらすら読まれる方もいらっしゃるはずですが。

ただ国際ニュースを扱っている雑誌や新聞はさまざまな分野の専門家が執筆しているので、英語の資格試験合格(スコアアップ)を目標にしている人には手に余るかもしれません。

そこで英検準一級以上の合格を視野に入れている方に私がおすすめするのが

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

です。

私もこの英字新聞を一年以上購読し、無事、英検一級に合格できました

今日はそのJapan Times Alphaについて解説しますね。

 

*以下の情報は2021年11月現在のものです
*本ブログでは紹介できなかった記事もアルファにはあります

Table of Contents

Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)の基本情報

英字新聞社が発行する英語学習者のための英字新聞です。

「Student Times」として発刊されたのが1951年で、70年以上の歴史があります。「The Japan Times ST」が前身です。

 

発行日や購読料など

・発行日→毎週金曜日
・購読料(税込)→1ヶ月1,250円 1部 320円(デジタル版は290円)
・頁数→標準24~32頁

毎週金曜日に発行されるのですが、沖縄の場合、郵送で翌週の火曜日〜水曜日に届きます

Japan Times Alphaの魅力的なところ

日本語での解説や単語の説明が付いている

前述したとおり、Alphaは<英語学習者のための>英字新聞です。

いつくかの英文記事には日本語リード文(=紹介)が付いています。

それだけではなく、読者からの質問に<日本語で>答えるコーナーもあります(英語音声学など)。

自分にムチを打てない性格の人(=私)はNew York Timesなどの新聞を読むと息切れすると思うので、楽しみながら読めるAlphaをおすすめします。

 

記事に難易度(TOEICレベル)が付いている

Alphaの記事にはほぼすべて記事に難易度が掲載されています。星1つから3つまで。

「今日は頑張るぞ!」と思う日は星3つの記事を読み、「少しでもいいから英文に触れたいな」というときは星1つの記事など、私は分けて読んでいます。

Alpha内で示されているレベルは以下のとおりです。

All Level

Easy →TOEIC 500未満

Intermediate →TOEIC 550〜800

Advanced →TOEIC 800以上

 

デジタルコンテンツ(和訳と音声)

実はアルファはデジタルコンテンツ(ウェブ)があり、英文記事の全訳がそこで見られます。自分の解釈が正しかったか確認できますね。

あといくつかの記事は音声付きです。その音声もスピードが調整できます。

Japan Times Alpha (ジャパンタイムズアルファ)の主な内容

海外・国内ニュース、たくさんのコンテンツがあります。

メイン記事(毎週掲載)

Cover

Alphaの中でも一番目を引く項目。
その週の「顔」です。一面に選ばれたニュースは結構個性がありますね。

英語学習におすすめな新聞

News

日本を含めたワールドニュース。
ボキャブラリー解説がある記事が1本、文法解説が付いているのが1本、対訳が付いているのが2本、その他8記事が掲載されます。毎月2・4週目にはScience & Healthの記事が6本追加されます。

This Week’s OMG

毎週「びっくり」な出来事を紹介。
「モロッコの洞窟からわかる人類と衣服の関係性」のような学術的な記事と、「奥さんの要望に合わせて家を内装していたのに疲れ、回転する家を建てたボスニアの男性」など、くすっと笑える短い記事が掲載されます。

シネマ倶楽部

見開き2頁を使っての翻訳家の岡山透さんの映画解説。
基本的にこれから(あるいは現在)公開される映画のセリフを紹介しています。

映画の解説として岡山さんが書いていらっしゃる「これを読めば映画ツウ!」の内容がすごいです。長年、映画を愛されてきたことがよくわかります。

この解説でsewing bee や spelling bee のbeeがハチとは関係なく、元は「領主への特別なご奉仕」を意味するbeneから来ていると知りました。ずっとハチだと思っていた⋯。

ちなみに私は「この映画は後で(Netflixで)観よう」と思った記事は保存していて、配信されるときに紙面を読みながら映画も観ています。

亜希さん
最近だと「エジソンズゲーム」の英語をこの記事で勉強しました

 

Armchair Traveler

毎週世界のある地域にスポットを当てて紹介するコーナー。
コロナ禍で海外旅行に行けない日々を癒してくれる記事(笑)。私が利用しているカフェトークの講師の方にもこの記事を使ってレッスンしている方がいました。

Essay

週変わりで滞在国が異なる方が書かれるエッセー。
カナダやオーストラリア、シンガポールなどに滞在する方が自分のこと、ローカルニュースなど400字前後で記事を書いています。私はこのコーナー、かなり好きです。カナダの方のCanadian prideという記事でメープル(楓)がいかにカナダの人に愛されているのかよくわかりました。

Interview

英語を習得した(あるいは習得中)の方の体験記。
俳優、マジシャン、ワイン栽培者、フィットネストレーナー(岡部友さん!)らがご自身のキャリアと英語学習について語ります。ほとんどの方が語学の壁にぶつかって、それを乗り越えていらっしゃるので励みになります。

亜希さん
Alphaの背表紙にふさわしい記事です

 

サブ記事(月1回〜2回掲載)

Business Spotlight

誰もが知っている日本、世界の企業の歴史を紹介。
最初は兄弟が一緒に会社を作ったのに、その後仲違いをして弟が立ち上げたのがアディダスで、兄はプーマを設立。このような企業の歴史が学べます。ちなみに資生堂など日本の会社も紹介されていました。

Psychological Game

4つの選択肢から自分がわかる、心理テスト。
月1回のコーナーです。「オルゴールのふたが開かないとき、あなたならどうする」など質問に対して、4つの選択肢から一つを選びます。英語のスピーチのアイスブレイクに使えます。楽しいですよ。

語学試験の勉強に使えるAlphaの記事

ジャパンタイムズアルファで英検対策

 

TOEIC(R&L)

TOEICテスト

TOEIC990点&英検1級保持者の講師によるTOEIC対策記事。
主にTOEICのpart5、part6、part7に集中した演習です。このようなコンテンツがAlphaが「英語学習者のための」新聞の証拠ですね。私は英文法がそれほど得意ではないので、こちらでの復習は欠かせません。

亜希さん
特にpart5特集はありがたいです

 

全国通訳案内士試験

日本のこと

通訳ガイドの方におすすめ!日本のことを英語で語る記事。
「対話で学ぶ日本を語る英語力」と「留学生Lillianの教えて日本のこと!」が週替わりで掲載。「対話〜」のほうは主に観光地の魅力を英語で紹介。「留学生〜」は外国人から見た日本の「?」な文化を解説しています。

亜希さん
私のお気に入りコーナーです

私は受験したことはありませんが、全国通訳案内士試験の出てくる日本の説明に関しては「対話で学ぶ日本を語る英語力」が役に立ちそうです。これまで屋久島や節分の豆まきなどの解説がありました。

あと「留学生Lillian〜」では「ホールインワン保険って何?」「マイペースって?」などを解説しています。日本人には当たり前のことだからこそ説明が難しいものってありますよね。

 

英検一級二次試験リーディング(長文)対策

Life & Culture

CoverがAlphaの「顔」ならこのLife & Cultureは「ボディ」です。
見開き2頁分の内容が掲載されています。この記事を毎週読んでいくことで英検一級のリーディング対策になります。中東で初めて開かれた万博の話など、きっとあなたの世界を広げてくれるでしょう。

Business Terms

経済記事に頻出される単語の紹介。
割と小さなコーナーですが、そこで紹介される単語の難易度はかなりのもの。bury-or-bury、doughnut economics、unionize、Chapter 11など意味はもちろんですが、その背景知識も教えてくれます。ひじょうにありがたいです。

英検一級ライティング対策

英文ライティング講座

初級から上級まで毎週<課題>が出るライティング講座。
IELTS本を出版されている嶋津幸樹さんが解説される記事です。初級だと「バングラデッシュの人々がミシンでその服を作った」などワンセンテンスで書く文。これが上級だと「『奨学金』という言葉を知らない人に100語程度で説明してください」など高度な課題に。翌週には数名の投稿者と講師の回答例が記載されます。

特に英検に特化しているわけではありませんが「こういう表現があるんだー」と学べることが多いです。

英検だけに限らず、IELTSやTOEFLのライティングでボディ部分に役立ちそう。特に上級は。

 

英検一級二次試験(スピーチ)対策

2-minuete Speech Exercise

英検一級二次試験を想定したスピーチ例文。
“Is economic inequality in society inevitable?”とか”Should the internet be free from censorship?”など、英検一級二次のスピーチ予想問題に対し、pro、con、それぞれの立場で例文が掲載されます。隔週掲載。

私はこのコーナーにかなり助けられました

通訳ガイド試験や英検一級に特化した専門校、CELソリューションズ講師の田中亜由美さんによる解説付きです。

レベル、もちろん、星3つ。

購読の仕方(定期購読がおすすめ)

Japan Times Alphaはこちらのページからサンプル確認&購読申し込みができます。一年購読をして、次回更新する際は割引特典があります。

アルファにはデジタル版(一部290円)もありますので、紙の媒体に抵抗がある方はそちらを試してみてもいいですね。

 

>>>The Japan Times Alpha


クリックでの応援、お願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ



よかったらシェアしてね!
Table of Contents
閉じる