ストロイドでも治らなかった手の湿疹を改善してくれたシャンプー

柔軟剤の香害に悩まされるくらい、私は敏感体質です。

特に肌が弱いです。

アトピーではありませんが、中学生のときから湿疹が出始め、その後治ったり、また悩まされたりと。

もうこういう体質なんだと割り切っていましたが、去年、またひどくなりました。

特に病院を忌み嫌っているわけではないので、皮膚科に行きました。

皮膚科で処方された薬

いくつかあります。

薬の効果について書きますが、あくまでも私個人の実感です。

 

サリチル酸ワセリン軟膏&ネリゾナ軟膏
亜希さん
悪化しました
アンテベート軟膏
亜希さん
他の指に湿疹が広がりました
クロベタゾールプロピオン酸エステル軟膏
亜希さん
特に変化なし

 

クロベタゾールプロピオン酸エステル軟膏はステロイド外用薬の中でもストロンゲスト(=最も強い)なので、それでも変化が見られなく、落ち込みました。

 

漢方薬を試してみた

クラシエの十味敗毒湯エキスを飲んでみましたら、ある程度改善しました

亜希さん
4割くらいでしたが嬉しかったです

こちらを保険で適用してくださるクリニックにも行ったのですが、私はドラッグストアで購入したものがなぜか効きましたね。

 

正直、3つの薬を塗っていたときより、肌の状態はよくなりました。

漢方ってすごい

 

【第2類医薬品】十味敗毒湯エキス錠クラシエ 96錠

 

ただ内側からの改善なので時間がかかりそうでした。

亜希さん
ちなみに女医さんからは亜鉛も勧められました

皮膚科で処方されたストロンゲストのステロイドでは効果がなかったので、ここでアプローチを変えてみました。

アレルギー検査を受けてみた

血液からアレルゲンが判明するアレルギー検査を受けてみました。

結果、どの項目にも私のアレルゲンはありませんでした。

担当してくださった女医さんから「手の湿疹だったらほぼ接触しているものが原因ですよ」と言われたのがヒントになりました。

亜希さん
普段から気をつけているつもりだったけれど⋯

日用品をチェック!

普段から接触しているもの=手にしているものが原因だとしたら⋯。

ここからはゲーム感覚で日々自分が何を使っているのか思い返してみました。

 

・食器用洗剤→フロッシュ

食器洗いをするときは常に手袋をしているので、ここに問題があるとは考えづらい。

 

・基礎化粧品→カルテシリーズ

手の湿疹は左手に出ていたので、右手で化粧水や乳液を付けてみたのですが、変化はありませんでした。

 

シャンプーを変えてみたらビックリ!

そこで思い切ってシャンプーを変えてみることにしました。

これまではヘナを扱っている東京の会社が販売しているシャンプーを使っていましたが、使用感が好きで、特に変えようとは思っていなかったのです。

Twitterで「アトピー シャンプー」と検索したら出てきたのがこの商品でした。

リスブラン「めどき」シャンプー

このシャンプーを使ったら、

 

一週間で手の赤みが引きました/

 

これまでどの薬、ハンドクリームを使ってもこれほどの改善は見られなかったので、もうびっくりです。

公式HPを見てみても、アトピー用という表記はありません(難しいのかも⋯)し、普通にパラベンとかも使用されています。

 

亜希さん
正直どの成分が効いたのかわかりませんが治ればOK

もし、あなたが敏感肌で悩んでいるのであれば、このシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか。

もちろん相性の良し悪しはあるかと思います。

いきなり500mlを購入するのは抵抗がある場合は200mlを試してみてもいいでしょうね(ちなみにレビューは一件もついていないので、怪しい感じはしますが、それだけ地味ということです。パッケージも昭和感あるし⋯)。

リスブラン(200ml)

 

ちなみにシャンプー使用後、髪は少しぱさつきます。

 

ココナッツオイルで保湿

あとせっかく皮膚の状態が落ち着いてきたので、保湿はココナッツオイルを使っています。

リスブランにもハンドクリームはあるのですが、こちらは可もなく不可もなくという感じでした。ココナッツオイルのほうが補修力がある感じがしています。

ココナッツオイルもいろいろなメーカーがありますが、私はココウェルさんの商品と相性がいいので、そちらのリンクを貼っておきますね。

ココウェル ココナッツオイル

 

 

それにしてもシャンプーを変えることが手湿疹に効くとは⋯。

盲点でしたね。


クリックでの応援、お願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ



よかったらシェアしてね!