自治体に相談したら、工事が始まった話(街路樹について)

私の母がこの道で転倒したのが2年前。

 

街路樹の根がコンクリートを押し上げています。怖い〜。

 

 

それで歩く時にバランスが悪くなるんですね。

道路幅もそれほど大きいところではないので。

でも母は怪我もしなかったので、私もその後気にしてはいませんでした。

ただ、今年、

 

私もこの道で転倒したんです(泣)。

 

この歳になって道で転ぶってどーなのと思いましたが、足も擦りむいてしまい、唇からは出血してしまうなど、母より被害がひどかったです(笑)。

 

母だけでなく私も転んだということはこのまま放置してしまうと他の人も何らかの拍子でここで転倒するかもしれないと思い、自治体に相談してみました。

 

すると数週間後に

 

 

工事が始まり、しっかり補修されていました〜。

 

とても安心&相談してよかったなと思いました。

 

皆さんも生活をしていく上で気になる点があれば自治体のHPなどから相談してみてはいかがでしょうか。

市の職員などは日々の仕事で手一杯でそれほど巡回に行かないと想像できます。そういう意味では市民からも状況を伝えたほうがいい双方にとっていい循環を生み出し、住みよい街づくりにつながるのでは。

もちろんクレームは控えるに越したことはありません。

以前、テレビ(NHKの「ねほりんぱほりん」)で児童相談所の方が「何か不祥事が起こるたびに電話でクレームが来て、その対応に追われて本来の子供に対するサービスが遅れてしまう」と話しておられました。

 

今日は気になることを自治体に相談したら改善されたという話でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる