【フラワーエッセンス体験会】桜坂市民大学で開催中です(月曜午後)

BBCニュースの設定で思ったこと

こんにちは。
アカリノワークスのキャリアコンサルタント、新垣です。

・この仕事に至った経緯→自己紹介(1)「伝統工芸に触れた20代&基地内大学に通った30代」から4本立てです。
===============

イギリスのBBCニュースを購読しています。

 

そこに設定欄がありまして、自分の趣味や関心ごとをマークしておくと、マイページでそれらに関することが流れてきます。

 

その設定項目の中に「国・地域」があるのですが、アメリカやイギリスは当然としてその他、ロシアや中国、北朝鮮などが並んでいます。

 

残念ながら、日本はありません

 

「アジア」というカテゴリがあるので、日本のニュースはその中に含まれているかと思います(私はBBCでは日本のニュースは購読していません)。もちろん、先日のゴーンさんの出国のようなニュースはBBCでも取り上げていましたが。

 

ちなみに同じアジアでも、Asian tigersと言われているのが、香港、シンガポール、韓国、台湾で、この4つの地域に関しては経済ニュースにも頻出してきます。

 

何が言いたいかというと、海外に住んでいるとよっぽど日本が好きではない限り、日本のニュースは入ってこないのではないかということ。もっと言うと、世界の人々は日本にそれほど関心がないのではないかと(もちろん日本は平和だからニュースが少ないとも言えるのかもですが)。

 

それでも日本は特別の国だと思っている人は多いですよね。

 

私はフラワーエッセンスの体験会を行っていることもあり、スピリチュアル関係のブログを読んだりしますが、そこで「日本が世界的に大きな役割を果たす」という文言はよく見ます。

 

古い歴史もありますしね。

 

でも、自分の国に誇りを持ちながらも、国際的にどう見られているか知ることも大事ではないかなと思います。

 

私は日本が大好きです。それゆえ、この国の内向きさが少々気になるんですよね。

 

先日、お騒がせ議員(多分、あの人)による国会中の「だったら結婚しなければいいじゃないか」という発言が物議を醸し出しました。

 

夫婦別姓や婚姻制度については私は私なりに意見を持っていますが、今度の騒動で気になるのはそこではなく、「嫌なら〜しなければいい」という考え方です。

 

よく日本の悪口をネットなどに書き込むと「だったら出て行け」と言われるようですね(あまり見ていないからわからないです)。

 

このように相手の意見の背景を知らずに(知ろうとせずに?)シャットアウトしてしまうと、論理的思考が育ちません。「クリティカルシンキング教育」ランキングで日本が70位になるのも無理はないと思います。

 

就活を控えている学生がグループディスカッションで苦労するのも、そういう教育を受けてこなかったからでしょう。私自身も今、英検一級取得に向けて勉強しているのですが、一次試験はともかく、自分の意見を述べ、その反論に対してさらに意見を言うことが求められる二次試験のことを考えると頭が痛いです(笑)。

 

支援している学生には日本という国に誇りを持ちながらも、グローバルスタンダードな考え方、ビジネスマナーなども身に付けてほしいと思っています。そのためにはどうすればいいだろうと日々考えています。

 

ちなみに話は少しずれますが、私は日本が本当にグローバル化を目指すのであれば、まずはカタカナ表記を英語の発音に近づくようにすればいいと思っています。私が生きているうちは変わらないかもですが(笑)。今のままだとあまりにもガラパゴス…

 

別ブログに「世界に通じないカタカナ語」として記事を書きました。ある意味単語集。中にはカタカナでないものもありますが(笑)、ご興味があれば、ぜひご一読を。

 

「世界に通じないカタカナ語」

 

 

タイトルとURLをコピーしました