志望理由に要注意!「薄く」ならないために工夫すべきこと

こんにちは。これまで2000人以上の
大学生の就職活動の支援をしてきた
新垣亜希です。

 

今の時期(4月~5月)は
民間会社へ就職を希望する
大学4年生の履歴書やエントリーシートの
添削が主な仕事です。

 

民間会社への就活が一通り終わると
今度は公務員試験の面接カードや
小論文の添削に移っていきます。

民間だろうが公務員だろうが
履歴書だろうが面接だろうが
今のところ大切な項目が「志望動機」です。

「今のところ」とわざわざ書いたのは
企業の中にはESに志望動機欄を設けていなかったり
面接でもあえて志望理由を聞かないところも
出てきているからです。

私はこの傾向は増えると思っています。
だって志望するから応募しているわけですからね(笑)。

それでもまだ志望理由はESの肝心要。

 

そしてその志望動機が
どうも皆さん書きづらいようです。

 

書籍やネットにもいろいろなサンプルは
あるはずなのですが、それでも
ある一定方向に引っ張られている感があります。

目次

あなたの志望理由が「薄い」と言われる理由

それはあなたが一生懸命書いた志望理由が
企業や組織から見ると
「最大公約数的な志望理由」
になっているからです。

 

一番多いパターンが

 

  • 沖縄に貢献している貴社で私も沖縄に貢献したい

というもの。

 

「貴社」の部分は
「貴行」や「貴院」に
沖縄県外の人は「沖縄」を出身地に
読み替えてください。

 

つまり、銀行で働きたいのか
IT会社で働きたいのか
ブライダル会社で働きたいのか
わからなくなっている志望動機です。

 

これでは熱意が感じられないと思われ、
書類審査を通過することが難しくなります。

薄い志望理由を改善するコツ

せっかく業界企業研究をしていても
志望理由にそれが反映されていないのは
もったいないです。

 

会社について調べたことがあるでしょうから
それを志望動機に絡めていきましょう。

 

その際に同業他社と比べて、
その会社の優位性を頭に入れてみてください。

 

またその会社の特徴だけではなく、
その会社を利用しているお客様が
何に困っているのかなどを
考えてみるのもいいでしょう。

 

そういう視点を忘れないで
就活に臨んでくださいね。

 

あなたの就活がスムーズに進みますように。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる