【フラワーエッセンス体験会】桜坂市民大学で開催中です(月曜午後)

【オンライン英会話】レアジョブ とビズメイツ 、それぞれの長所と短所を正直に話します

こんにちは。
アカリノワークスのキャリアコンサルタント、新垣です。

・英語とキャリアに関する記事はHPに→こちら
・この仕事に至った経緯→自己紹介(1)「伝統工芸に触れた20代&基地内大学に通った30代」から4本立てです。
===============

オンライン英会話、レアジョブを約3ヶ月ビズメイツを1ヶ月続けてきました。両社とも講師がフィリピン人オンリーということである程度の共通点はありますが、料金、講師の質、教材などが違うので、どちらを選ぼうか迷われている方もいらっしゃるかと思います。

 

まず書いておきたいのですが、オンライン英会話やワードプレスのテンプレートを勧める方のブログはアフィリエイトの方が執筆されていることがほとんどです

 

中には自分では体験せずに、Twitterの感想を拾ってきて、それらを根拠として、「ここがおすすめ」と書いている人もいますし、各社の無料体験をはしごしてそこから得られた感想も書く方もいらっしゃいます。

 

私もアフィリエイトプログラムには参加していますが、身銭を切らずに経験したことを人に紹介するのは自分の方針にそぐわないので、何かを紹介したりする場合は必ず自分が経験したものに限定しています。

 

ちなみにHPをワードプレスで作ろうとしたときにもいくつかサイトを見ましたが、みんな同じテンプレート(=検索結果を上げるテンプレート)で書かれていて、なんか食傷気味になり、結局、誰も紹介していなかった海外のテンプレートのHestiaというものを使いました(笑)。

英語とキャリアの<アカリノワークス>in 沖縄
沖縄在住のキャリアコンサルタント&英語学習アドバイザー、新垣亜希(あらかきあき)のHPです。英語力アップのための記事も記載しています。

 

前置きが長くなりましたので、結論を最初に書きますね。

私は今、レアジョブ もビズメイツ も休会しています。「なんだよー」と思われましたか?(笑)。元々飽きっぽいので、一年以上同じサービスを続けるのは多分、無理な人間なんです。

 

ただ、両社を比べてみると、いろいろと見えてきました。両社で迷う方(あまりいないかもしれませんが)、あるいはこれからオンライン英会話を初めてみたいと思われる方の参考になればとこのブログを書いています。

 

講師の質について

講師の質はビズメイツのほうが高いと言われています。確かにビズメイツの講師は大卒でいろいろな職業を経験されている方が多かったです。カナダの大学院に通っている方もいました。

 

それに比べると、レアジョブはバイト生とかもいますので、中には幼いと感じる講師もいました。一度、「今日の調子はどう?」とある20代の女性講師に尋ねたら、「ママがまだ夕ご飯を作ってくれていないので、お腹が空いているし、少しイライラしている」と言われ、びっくりしました(笑)。

 

あとレッスンをキャンセルする講師もまあまあいます。最初の頃はそれに驚きましたが、だんだん慣れてきました(笑)。

でも講師がキャンセルしたり、入室しなかった場合はチケットが事務局からもらえますので、損をすることはありません。ビズメイツの講師の方はほとんどキャンセルはありませんでした。27回中、1回でした。

 

ビズメイツではスーツを着ている講師もいましたね。そういう意味ではプロ意識はビズメイツの講師の方が高いと思います。会社から推奨されているかもしれません。

 

レアジョブは前述したとおり、少しカジュアルな講師が多いです。ビズメイツに比べるとよくほめてくれたりもします(笑)。こちらが恥ずかしくなるくらい。

その点、ビズメイツの講師はどことなく冷たく感じる人も多かったです。明るくて優しい人を何度も選びましたが(笑)。

 

いずれにしても自分でお気に入りの先生を見つけることが大事です。

私はレアジョブでも信頼が置ける先生に出会うことができましたし、ビズメイツでもたくさんコロケーションを教えてくださる方がいて、休会するときは後ろ髪を引かれる思いでした。

 

やさしくて明るい先生がいい→レアジョブ
厳しくてもいろいろ教えてくれる先生がいい→ビズメイツ

 

 

もちろん、どちらにも例外がいます。ビズメイツにもレアジョブにもやる気が見られない先生はいました。

 

あとレアジョブ はおそらく先生からの注意回数・事項が決まっていて、だいたい指摘されることが同じ内容でした。発音とかポーズが多いとか。単数と複数とか。それに比べ、ビズメイツの先生はスカイプのチャットを使っていろいろな用語を教えてくれる方が多かったです。

 

そういう意味ではレアジョブよりも格段料金が高いビズメイツに入会してよかったなとは思ったのですが、今振り返ると、ビズメイツのここがネックだなと感じるところは教材とサイトの使いにくさでした。

 

教材について

ビズメイツ は月額料金が11,000円、レアジョブ は5,800円。どちらも毎日25分レッスンの場合です(レアジョブは月8回コースもあります)。この金額の差は私は講師の差だとは思っています。

 

ただ教材に関してはそれほどの差を感じませんでした。ここにビズメイツの教材の大きな短所というか課題があるかと思います。

 

リスニング教材が少ないビズメイツ

ビズメイツを1ヶ月ほぼ毎日受けて何かが足りない気がしました。

 

それはボキャブラリーリスニング

 

会話力は結構鍛えられるのですが、ビズメイツの教材(私はレベル3を受けていました)に私が新しく出会う単語はありませんでしたし、リスニング教材はありませんでした。講師の方の話を聞くことがリスニングになっていたという感じですが、教材の会話の量だとリスニング力のアップは期待できないものでした。

 

ビズメイツは英語を教えるのではなく、世界中で活躍できる人間を育てるというようなポリシーがあり、他のオンライン英会話とは一線を画すというのがブランドになっています。

 

でもそれならそれなりにビジネス英語をもっと教えてもいいのではと思いました。

*ビズメイツにはいくつか無料のビデオレッスンもあり、そこでリスニングや単語も学ぶことができますが、そのような材料は今YouTubeなどオンラインで無料で手に入るので、それらが特にボーナスポイントだとは思わなかったです。

 

それに比べて、レアジョブの教材は話す・聞く・読むを通して、幅広い語彙・表現を学べます

 

毎レッスン、3つのキーワードまたは単語を学び、それらを使って会話をしなくてはいけないので、しっかり私の中で定着しました。レアジョブで学んだ表現を使ってビズメイツの先生と会話したくらいです。

 

毎回3個の表現が学べるレアジョブ 教材

 

ただリスニングの場合は訛りがある講師を選んでしまうと大変なので、普段から発音のいい講師を「お気に入り」に入れておく必要があります。講師紹介の頁で先生の紹介音声も聞けるので、発音をチェックしてくださいね。

 

日本のある特定のビジネス文化に抵抗がある人にはつらいビズメイツプログラム(笑)

 

これは完全に個人の好みの問題です。ビズメイツのプログラム(レベル3-A)に出てくる会話の例が主に日本のビジネス文化(本音と建前、飲みニケーション、「お客様は神様」、会社への貢献度など)の紹介なのですが、少し時代にそぐわない気もしました。

 

似たような話題はレアジョブにも出てきたのですが、ビズメイツの場合はその日本文化を肯定して外国人に紹介するというものだったので、その文化が苦手な私には会話を練習していてもつらかったです。ビズメイツの世界観は合わなかった。レアジョブのほうがもう少しフラットな感じがしました。

 

*有料記事ですが、愛読しているクーリエ・ジャポンの次の記事に大いに納得する私ですので、「日本の文化はすばらしい!」というモードには入れないのです。

英国人アナリストの辛口提言──「なぜ日本人は『日本が最高』だと勘違いしてしまうのか」 | いまこそ読み直したい!
日本の「おもてなし」は世界一だ、「ものづくり」は高く評価されている──これらはすべて妄想だ。バブル絶頂期に不良債権問題をいち早く予見した伝説のアナリストが、日本人の「自画自賛」体質を一刀両断する。「クールジャパン」なんて、相手から言われることであって、自分から言うものではありません。そもそも、これは「クールブリタニア…

 

 

・単語力やリスニング力も向上が期待できる→レアジョブ
・日本のビジネス文化を紹介できる英語力を身に付けたい→ビズメイツ

 

ちなみにビズメイツの教材にはSWOT分析なども出てくるので、そういう話題が好きな人にはいいですね。

 

オーラが紫色の人間がSWOT分析をしてみると…(ビズメイツの話も)
基本的にオーラとか、スピリチュアルとか、霊魂とか、宇宙人とか、UFOとか、超能力とか、その他目に見えないもろもろに関して、私は「あってもいいし、なくてもいい」という考え方です。 フラワーエッセンスというこれまた「波動」...

 

あと副教材的なものでDISCOVERYという読み物を提供するレッスンがいくつかあるのですが、それは面白かったです。私がビズメイツに戻るとしたら、DISCOVERYを中心に受講します。

 

サイトの使いやすさ

 

結論から。

 

レアジョブのほうが圧倒的に使いやすいです。まず、レアジョブはログインするとすべての教材(別料金のビジネス英会話は除く)を見ることができます。

 

入会当初、私はレベル7から始めたのですが、少々簡単すぎました。それでレベル8を見て面白そうな話題も多かったので、レベル8のレッスンを受けました。レッスンは自由に選べます。特にレアジョブのほうに問い合わせる必要もありませんでした。

 

日常会話はレベル8までしか教材が提供されていないようでした

 

それに比べるとビズメイツはただただ残念。どういう狙いがあるのかわかりませんが、一つのレベルを終えないと次のレベルの教材が見られないようになっています。

 

ありがたいことに講師の方から「あなたはレベル4に行けるよ」と言われたのですが、肝心の教材を見ることができない&事務局にわざわざ問い合わせないといけなかったので、遠慮しました。

 

レベル3-Aを終えたら、同じレベルのCまでしか閲覧できない=レベル4のレッスン内容を見ることはできない。

 

あとレアジョブで講師検索するときに「この人のレッスンは受けそうもないな」と思ったら、検索から外すことができましたが、ビズメイツではそれができませんでした。

 

一度レッスンを受けた後だと「この講師を検索で非表示にする」ことはできます。どの講師にもチャンスを与えているためなのかもしれません。ただ選ぶ側からするとその方法はちょっと不親切だと感じました。

 

あとレアジョブはクリスマスの時にサンタクロースが出てくる画面になったりと結構楽しかったし、休会する場合にも「本当にそれでいいんですか?」と自動的にセッティングされているとはいえ、相手側の「引き止めたい」という気持ちは感じられました。

 

ビズメイツは休会に関してはあっさりしていました(笑)。

 

メールの中で「※退会すると今後Bizmatesをご利用いただけなくなります。」とまで書かれていて(怖)。やっぱりどこかビジネスライクなんです。でもそこに誇りも感じられましたが。

 

サイトの使いやすさ→レアジョブ(ただ回線に関しては講師によって音声が途切れることもあり)

 

再開するとしたら?

前述したとおり、今、私は二社とも休会中です。

 

おそらくこれからネイティブの方との個人レッスンに切り替えていくので、どちらにも戻らないとは思いますが、仮に戻ることがあるとすれば、ビズメイツです

 

ただある程度サイトが使いやすくなったらの場合。講師の方にはかなりお世話になったし、また会いたいと思うし。

 

レアジョブに関してはある程度レッスンを消化してしまったので、戻る可能性は低いです。

 

両社を比べると

レアジョブについて

  • 英会話力が総合的に身につく
  • 英語初心者から中級者向け
  • 上級者でも英会話に自信のない人にもお勧め
  • 講師のキャンセルにいちいち腹を立てない(笑)
  • 初回月半額キャンペーンは3ヶ月以上利用することが前提
  • 講師によって回線の質が違う
  • 訛りの少ない講師を選ぶ
  • フィリピン大学卒にこだわらない(別の大学卒でもいい先生はいる)
  • 全体的に明るい先生が多い
  • 講師はあまり指摘しない傾向にある



ビズメイツについて

  • 全体的に大人な感じ
  • 厳しい講師が多い=添削もよくしてくれる
  • 教材に少し癖がある
  • リスニングと語彙力の強化は期待できない
  • 講師とのロールプレイがあるので、会話力はアップする
  • 講師のキャンセルはほとんどない
  • スカイプを使うが回線に問題はない



オンライン英会話だけではなく、自習も必要

 

いろいろ書きましたが、英会話力はオンライン英会話だけに頼らないことが大事です。

 

今はありがたいことに動画やポッドキャストなど無料教材が豊富にあります。それらも利用しながら、オンライン英会話をアウトプットを続けてみてください。きっと3ヶ月を過ぎたあたりから変化を感じられると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました