自閉症患者が安心できる売り場はきっとみんなに優しい売り場

日経MJ、8月9日号の記事に目を引かれました。

 

アメリカの大手スーパーTrader Joe’s(トレーダーズジョー)の自閉症患者に対する取り組み

 

Trader Joe’sは私も数回行ったことがあります。日本のスーパーで無理やりイメージすると、無農薬野菜を置いている業務用スーパーかな?(笑)

 

そのTrader Joe’sが「日常生活で遭遇するさまざまな刺激や新たな経験に対して不安や混乱を経験することが多い」とされている自閉症スペクトラム障害に悩む患者(=ASD患者)に対して無料アプリを提供したそうです。

 

 

このアプリ(マグナスモード)が「店内で聞こえてくる音の種類」や「レジ会計の仕方」などを教えてくれるようです。

 

なんとも優秀なアプリですが、私はこの記事の後半、ニューヨーク州の一店舗で毎週日曜日、ASD患者&家族向けだけに毎週日曜日、開店1時間前にサービスを提供しているというところがすばらしいなと思いました。

 

照明を暗くしてBGMを止め、静かで刺激の少ない店内でゆっくり買い物を楽しむことができる

 

実店舗での買い物が苦手な人もいます

私は実店舗とネットスーパー、両方利用しています。コロナ以前からです。ネットスーパーを利用する理由=実店舗利用にほんの少しストレスがかかるからです。

 

・他にも駐車スペースがあるのに、わざわざ隣に車を停めるトナラーさんにドキドキ
・たまにいるマスクを正しく装着していない利用客にハラハラ
・柔軟剤の匂いにクラクラ

 

涙目になりながらの【香害対策】香り付きトイレットペーパーの芯を取り除く
先日、とある景品としてトイレットペーパーをいただきました。 「香りつき」のもの。 一瞬、戸惑いましたが、「さわやかな花の香りがつつみこみます」と商品説明に書かれているので、おそらく微香だろうと思って安心していたん...

 

あとなんと言ってもBGMの大音量です。

何年生きていても耐性ができません(泣)。

 

エンドレスでジングル(「ドン、ドン、ドン、ドンキホーテ♪」とか「火・水、ピカ市♪」)がかかるのはもちろん、ひな祭りとかお盆のシーズンとか季節毎に消費を促す(=消費者の無意識にマジックをかける)目的で音楽もかかります。これは日本のスーパーどこでもそうだと思います。

 

【2020年8月更新】サンエーネットスーパーを利用して思ったこと
新型コロナウイルスの感染防止でネットスーパーや宅配サービスの利用が広がっています。沖縄県民の台所、サンエーでもネットスーパーの人気がうなぎ登りです。数年サンエーーネットスーパー(&らっでぃしゅぼーや)を利用しているので、レビューを書きました。

 

何かと音が多い日本のスーパー&その他

大手スーパー(サンエーさんですが 笑)のエスカレーターを利用すると、「お子様の手をおつなぎください」とか色々とアナウンスが流れます。あれって必要なのでしょうか。何か事故が起こった場合の事業主が訴えられないために流しているのかなと疑ったりもします。でも、以前、ニューヨークのスーパーマーケットに行ったとき、「すごく静か」だと感じたのはBGMがなかったおかげでした。

 

ま、買い物を促すために店内音楽をかけるというのは日本のマーケティングで基本中の基本だと思いますが、それがもうそろそろ時代遅れではないだろうかと感じています。

 

あと以前東京に住んでいたとき、私がいつも利用していた路線バスは運転手が何度も「右に曲がります」、「左に曲がります」、「一時停止します」、「手すりにおつかまりください」、「釣り銭はバスが確実に止まってから用意してください」などアナウンスが何度も何度も行われていました。もちろん会社の方針だと思いますが、もう少し頻度を少なくしてもいいかなと感じたものでした。

 

こういうことに遭遇するたびに私はCMなどで出てくる「日本の夏」の描写や「わびさび精神」などはもう想像の世界だなと感じています。音に対して寛容なのかもしれませんが。だからと言って私は「除夜の鐘や風鈴の音がうるさーい」と訴える人の気持ちにはあまり同意できないです。

 

開店1時間前を特別なお客様のために提供する心の余裕

 

Trader Joe’sはアメリカの全国チェーンであり、今回の素敵な取組みもまだ一店舗で開始ですから試験段階だと思います。それでも他者を思いやる事業者の心意気や社会に対する責任度の強さを感じますね。

 

また一般客もスーパーがこういう試みをすることで、自閉症患者に対する理解も増すかと思います。

 

最後に友人からもらったTrader Joe’sの買い物バックを紹介。非常に丈夫でアメリカンな感じがします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました