アイルランドのバス運転手と米カンザス州の保安官

目次

バスを乗り間違えた乗客のため運転手がしたこと&その理由

<クーリエ・ジャポンから>

ジャクリーン・メイソンは、老人ホームで生活する79歳の母親に会うため、バスに乗り込んだ。コロナウイルス感染拡大のため、長期間母と面会できていなかったので、再会を楽しみにしていた。

しかし、バスがその老人ホームがある方向とは反対に動き出したので、自分がバスを乗り間違えたことに気づいた。

面会予約時間まであと20分。次はいつになるのかわからない。焦って興奮状態の彼女は運転手に事情を説明する。

バスの運転手はこの道35年のベテラン、レック・ベイリー。

Photo: Translink

目に涙を溜めて話す彼女の様子に驚き、土地勘もないことを知ったベイリー。

「あとのことは私に任せて!」

それからバスの他の乗客に彼女の事情を伝える。

「これからルートを変えて、彼女が行く予定の老人ホームの近くまで送り届けます」

そして無事、彼女を送り届けた。

その後、ジャクリーンは彼に感謝を伝える。彼女の後ろにはずっと会いたがっていた彼女の母親がいる。

あわせて読みたい

元ネタはこちら

クーリエ・ジャポン
クーリエ・ジャポンは「世界の潮流」と「多様な価値観」を知るために、世界中のメディアから厳選した記事をお届けã...

 

寒い日に9キロかけて歩く女性へ。保安官からのプレゼント

カンザス州に住む、双子の母、クリスティーン・ウィーラー(24歳)は週に3回ほど片道6マイル=9キロ以上を歩いて仕事に通っている。帰りも歩きなので、計18キロ。

彼女のことを見かけ、気になって保安官事務所に電話をする人もいた。

電話を受けた際には彼女を車に乗せた保安官たち。

彼女にクリスマスプレゼントをあげようと決意&行動を起こす。

地域住民からお金を募り、自分たちの募金も足して、1年分の保険と税金が支払われた車をプレゼント。

彼女の喜ぶ姿も動画に収められています。

WWLP
Sheriff’s Office in Kansas delivers in time for Christmas FRANKLIN COUNTY, Kan. (KSNT) – A call to a dispatcher for the Franklin County Sheriff’s Office led to a kind of Christmas miracle for a young mother. The Frankl...

 

 

たまたま今日、この2つのニュースに出会ったので、皆さんにもシェア。

日本だと自分の権限でやっていいものかどうか迷う人、出てきそうですよね。またその行為を批判する人も出そう⋯。

人の心の優しさ、そしてプロフェッショナルとは何か考えさせられました。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる